topics

グリーン住宅ポイント制度や、不動産取得税や登録免許税の特例措置、住宅ロ-ン減税の延長、住宅取得等のための資金にかかる贈与税非課税措置など、4つの支援策があり新築工事やリフォーム工事などを行うの方で、要件を満たしている方が対象となります。新築工事やリフォーム工事をお考えの方はぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

60歳以上の方限定、リフォーム融資が受けられる 毎月の支払は利息のみ
リフォーム工事のついでに耐震リフォームをしたいとお考えの方や、耐震リフォームをお考えの方で、昭和56年5月31日以前に着工して建設された一戸建て木造住宅市町の耐震診断士派遣事業による耐震診断を受けた木造住宅で診断の結果、上部構造評定が1.0未満の住宅、そのほか、各市町が要綱で定める要件をを満たしている方は、補助金を利用してみてはいかがでしょうか? 当社ではリフォームをさせて頂けるお客様で、要件を満たしている方の助成金申請の、お手伝いをさせて頂いております。

福井県ではリフォーム工事後に親世帯の住居に子供世帯が同居するなど、(直系親族の世帯数が1以上増加する一戸建住宅)や新たに近居する為に住宅の建設または、購入を行う者(近居とは、親世帯と子世帯など、直系親族の世帯が、同一小学校区または概ね、車で5分圏内に別に居住することをいいます。)には補助金を支給してもらえる制度があります。...

ご存知の方も多いと思いますが、火災保険には自然災害特約が付帯していて(共済の保険や安い火災のみの一部の保険は除きます)雪害、台風、水害、落雷など自然災害被害により、火災保険に加入している建築物やカーポートなどが破損した場合は火災保険金を使って補修工事を行う事が可能です。免責があるので(免責額5万円、20万円など)免責額以下の工事の場合は火災保険が使用出来ません。屋根、外壁、雨樋、塀、シャッター、窓などが請求対象になります。詳しくは加入されている火災保険の代理店さんに問合せてみて下さい。まず最初にお客様の加入されている火災保険又は代理店に連絡いただき自然災害によって破損した部分の見積書と写真を作成してもらい、指示に従って私共のような建築会社に提出して頂きます。民間の損害保険会社さんの場合、見積書と写真を提出してから2〜3週間程で保険金が支払われます。JAさんの場合1ヶ月程です。詳しくは、当社までお気軽にお問い合わせください。