build

借景とは、背景を庭園の構成に取り入れて造る方法で、 昔から日本庭園や中国庭園などに取り入れられてきた技法です。 ロケーションの良い場所であれば、背景の景色を生かして (主に山など)窓を設けたり、背景を生かした庭造りをする事で、 四季折々の庭の眺めを楽しむ事が出来て 家にいる時の楽しみの一つになるのではないでしょうか。...

新しいく家を新築する時に、まずは土地探しからと言う方も多いと思います。 では、どういった事に注意すればいいのでしょうか。 まずは購入希望の土地が、元々どういった種類の場所かです。 田畑、池や沼地、山林、宅地、野原、墓地、公園などがあります。 農地や沼地などは地盤が脆弱な可能性があり地盤改良費用が多く必要になる可能性があります。...
家を新築したいので、購入した土地を見て欲しいというご相談を受けて、購入済みの土地をお客さまと見に行きました。 ご希望を聞きながら、設計を行うための方角確認、周りにある建築物・道路の確認などを行いました。

N様にご希望の間取りを聞いて大まかな設計図を作成しました。 土地の大きさ×建ぺい率により建築可能な建物の大きさが決まってくるので、その大きさ以内など、 建築基準法やその他の条件に合わせて、設計図を作成し、 そこからN様のご予算やご希望を聞いて間取りや、部屋の大きさなどを変更して行きました。

前回の打ち合わせの時にお聞きした、N様のご要望も含めて 描いた設計図に合わせて、目安となる見積り書を作成させて 頂きました。 その後細かな設計の修正など行い、変更部分の見積り額の 修正を行ない、N様にご納得いただきご契約頂きました。 契約は年末になった為、地盤調査は春に行う事となりました。

N様の新築工事の為の地盤調査を行いました。 地盤調査にはいくつかの調査方法がありますが、 今回は表面波(レイリー波)探査を行ないました。 地盤調査を行う事により、その土地の土の質、柔らかさなどや、 地盤改良工事が必要かどうかが分かります。 N様の土地は調査の結果、表層地盤改良工事が必要という...

新しいく家を新築する時に、まずは土地探しからと言う方も多いと思います。 では、どういった事に注意すればいいのでしょうか。 まずは購入希望の土地が、元々どういった種類の場所かです。 田畑、池や沼地、山林、宅地、野原、墓地、公園などがあります。 農地や沼地などは地盤が脆弱な可能性があり地盤改良費用が多く必要になる可能性があります。...
N様の地鎮祭を行なう為、建築予定の場所に図面に合わせて、時縄張りを行います。そしてテントを立てるのですが、地鎮祭を行なった日は気持ちの良い晴天で、あまり日差しも強くなかった事もあって、テントの枠だけ立てて地鎮祭を行ないました。N様邸の地鎮祭は滞りなく終了しました。...

N様の新築工事に伴う表層地盤改良工事を行いました。 表層地盤改良工事は、表土より1.5m地盤改良を行いました。 表土をスキ取り、土とセメント系固化材を重機で攪拌します。 工期は2日で施工しました。 土地の広さや、新築工事を行う場所によって養生など必要な場合も...

地盤調査の結果、地盤改良が必要だとの調査報告書が出た場合、地盤改良工事が必要となります。 地盤改良工事には表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法の3つの工法があります。 (表層改良工法) 軟弱だと思われる地盤が、深度2メートル以下の時に行われる工法です。 工期は1日~2日程度で、工事費用も1坪あたり2万円程です。 (柱状改良工法)...

さらに表示する