カテゴリ:新築住宅



壁の写真です。
最近の新築ではあまり見かけなくなりましたが、田舎の方に行けばまだ多くの和風建築を見ることができます。和風建築の壁工法の一つに小舞壁があります。...

今回は、新築住宅と中古住宅のリノベーション&リフォームのメリット面とデメリット面について書きます。まず、新築住宅のメリットは、土地の広さの範囲やその他の制約は多少ありますが、基本は1から設計して外観や間取りなどを自由に決めれらるところです。また、当たり前ですが全てが新しくつくれるところです。新築住宅のデメリットは税金が多くかかるところです。取得税や最初10年くらいは固定資産税も多く支払わなければならないところです。 中古住宅を購入してリフォームやリノベーションするメリットはと言いますと、新築よりも予算が抑えられるところと(例外もあります。)新築よりも税金が少なくて済むところです。新築時からの経過年数にもよりますが、10年以上経過した物件であれば固定資産税なども新築物件よりも税金が抑えられます。デメリットは中古住宅なのでどうしても古さがある事です。また、手を入れないと建物の対応年数も短いのがデメリットです。ただし、築年数が多い中古住宅でも、基礎や柱などの構造材さえしっかりしていれば、リフォームやリノベーションにより新築のようにすることが可能です。どちらもメリット・デメリット面はありますが、 当社では、お客様お一人お一人が幸せな気持ちで過ごせる家創りをお手伝いさせて頂いております。完全注文新築住宅、中古住宅の購入やリフォームなどのご相談は当社までお気軽にお問い合わせください。
お客様お一人お一人が幸せな気持ちで毎日を過ごせる 『空間創り』へのアドバイス。 そして何より、大切な『住まい創り』を、丁寧な技術と喜びの気持ちで、ご一緒に創りあげたいと願っています。 完全自由設計注文住宅の新築工事から増改築工事・リフォーム工事まで、どんな小さなことでも、お気軽に当社までお問い合わせ下さい。


借景とは、背景を庭園の構成に取り入れて造る方法で、 昔から日本庭園や中国庭園などに取り入れられてきた技法です。 ロケーションの良い場所であれば、背景の景色を生かして (主に山など)窓を設けたり、背景を生かした庭造りをする事で、 四季折々の庭の眺めを楽しむ事が出来て 家にいる時の楽しみの一つになるのではないでしょうか。...

新しいく家を新築する時に、まずは土地探しからと言う方も多いと思います。 では、どういった事に注意すればいいのでしょうか。 まずは購入希望の土地が、元々どういった種類の場所かです。 田畑、池や沼地、山林、宅地、野原、墓地、公園などがあります。 農地や沼地などは地盤が脆弱な可能性があり地盤改良費用が多く必要になる可能性があります。...
家を新築したいので、購入した土地を見て欲しいというご相談を受けて、購入済みの土地をお客さまと見に行きました。 ご希望を聞きながら、設計を行うための方角確認、周りにある建築物・道路の確認などを行いました。

N様にご希望の間取りを聞いて大まかな設計図を作成しました。 土地の大きさ×建ぺい率により建築可能な建物の大きさが決まってくるので、その大きさ以内など、 建築基準法やその他の条件に合わせて、設計図を作成し、 そこからN様のご予算やご希望を聞いて間取りや、部屋の大きさなどを変更して行きました。

前回の打ち合わせの時にお聞きした、N様のご要望も含めて 描いた設計図に合わせて、目安となる見積り書を作成させて 頂きました。 その後細かな設計の修正など行い、変更部分の見積り額の 修正を行ない、N様にご納得いただきご契約頂きました。 契約は年末になった為、地盤調査は春に行う事となりました。

N様の新築工事の為の地盤調査を行いました。 地盤調査にはいくつかの調査方法がありますが、 今回は表面波(レイリー波)探査を行ないました。 地盤調査を行う事により、その土地の土の質、柔らかさなどや、 地盤改良工事が必要かどうかが分かります。 N様の土地は調査の結果、表層地盤改良工事が必要という...

さらに表示する